相続の基本

相続の基本

相続とは                                     
《相続》とは、亡くなった方(被相続人)の財産などを故人の配偶者や子ども、
親族などの相続人が受け継ぐことをいいます。
被相続人が亡くなった後すぐに相続が開始されるため、誰が相続人であり、
遺産を相続するか等を決める必要があります。
尚、相続財産を受け継ぎや、相続人の決定には「遺言書」の有無が非常に重要なポイントになります。
 
1. 遺言書がある場合
遺言書がある場合はその内容に従って相続人や相続する遺産の割合などが決まります。
 
2. 相続人が複数いる場合
相続人が複数いる場合は、被相続人の財産は相続人全員の共有財産になります。
遺産分割協議を行い相続人全員による協議にて、相続財産の割合などを決めます。
 
3. 遺言書がない場合
遺言書がない場合は、民法で決められた規定により法定相続人が遺産を相続します。
 
法定相続人とその順位                               
被相続人が遺言書を残していない場合は、民法で定められた法定相続人》が財産を相続する権利があります。
 
民法が定める相続人の範囲は、亡くなられた被相続人の「配偶者」は常に相続人となります。
配偶者は戸籍上に入籍していることが条件となるため、内縁の妻は相続人ではありません。
 
尚、配偶者以外の相続人はそれぞれ以下のように順位が定められており、
相続人が複数人(兄弟姉妹が二人以上など)いる場合には、均等に相続するのが原則とされています。
 
第1順位・・・被相続人の子(直系卑属)が相続人なります。
                    子が亡くなっている場合には、被相続人の孫が相続人になります。
 
第2順位・・・第1順位の人がいない場合に被相続人の父母(直系尊属)が相続人になります。
                   父母が亡くなっている場合には、被相続人の祖父母が相続人になります。
 
第3順位・・・第1順位と第2順位がいない場合に被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。
 
遺産相続?放棄?                               
遺言書に書かれた相続人や、民法で定められた法定相続人は、”相続の開始を知った日
(被相続人が亡くなったことを知った日)”から3カ月以内に、
遺産を相続するか否かを選択する必要
があります。
「相続の選択」には、以下の選択肢があります。
 
【単純継承】とは、相続人が相続財産の全てを受け継ぐことをいいます。
被相続人のプラスの財産(預貯金・不動産等)、ならびにマイナスの財産(債務、借金など)も全て相続します。
単純承認は、単純承認することを明言して相続をするほか、
熟慮期間(相続の開始を知った日から3カ月)の間に限定承認や相続放棄の意思表示がなかった場合は、
自動的に単純承認したものとみなされます。
 
【限定承認】とは、被相続人のプラス財産の範囲内でマイナスの財産(債務)の
支払いに充てるという相続方法
です。
尚、相続財産よりも債務が多い場合でも、相続財産の全てを債務の返済に充てることで、
残りの債務分は返済が免除されます。
相続人が複数人いる場合は、単独で行うことができないため、相続人全員で行う必要があります。
 
【相続放棄】とは、被相続人のプラスの財産、ならびにマイナスの財産も一切受け継がないことをいいます。
相続人単独で行うことができる手続きであり、相続人が複数人いる場合でも同意は必要ありません。
一旦相続放棄をするとその後に撤回をすることは原則できないため、慎重に選択する必要があります。
 
※代襲相続と代襲相続の範囲とは※                          
被相続人が亡くなる前に相続の権利をもつ相続人が亡くなった時や、何らかの理由により
相続人が相続権を失った場合に、相続人の子や孫といった直系卑属が代わって相続することを
「代襲相続」といいます。
代襲相続の範囲は、被相続人の直系卑属であれば次の世代に、
そして、そのまた次の世代に相続が受け継がれていくのが大きな特徴です。
尚、相続する直系卑属がいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続権を持ちます。
万が一、兄弟姉妹が亡くなってしまった場合は、その子(姪や甥)が代わりに相続をします。
姪や甥が亡くなった場合は、そこで《代襲相続の打ち切り》となり代襲相続は移行されることはありません。

相続不動産売却 大阪

遺言 大阪

成年後見 大阪